月経前症候群を上手にコントロール|セルフでダメなら病院へ

女性

メンタル面での治療

悩み

月経前症候群は生理がはじまる前に、腹痛や頭痛、イライラなどを引き起こすのが特徴となる女性特有の疾患です。身体へのダメージから寝込むケースもあり、通常は産婦人科での治療が行われます。生理前のイライラした感情を左右する精神面においては、精神科などの診療科を受診する必要があり、近年、若い女性たちから人気を呼んでいます。精神的不安や感情に応えてくれるクリニックが人気を呼ぶ理由としては、ハッキリとした原因が解明されていない症例であるためです。女性ホルモンの影響が大きいと考えられているため、産婦人科ではホルモン注射などの副作用が心配される内容で治療が進められますが、心の浮き沈みによる緩和を目的とする専門科目では、副作用のリスクがない治療を展開してくれるために支持されています。産婦人科同様に症状が軽くなるため、心身的にダメージレスとなる精神科で月経前症候群の相談を行う女性が増えています。症状を一時的に抑える薬物療法では継続させるために依存性も強くなり、服用し続けるのも疑問視されています。そのため、気・血・水という、人体のバランスを構成する目的で漢方を併用し、心身のバランスが保たれる治療が専門科目で進められています。特に月経前症候群の場合には、イライラや気分の浮き沈みなどの気の異常が考えられており、植物由来となる漢方とカウンセリングによって緩和ケアに励んでくれます。

月経前症候群は女性ホルモンの乱れから、自ずと精神的な影響も大きくなり、ストレスがかかることによって心の症状を悪化させるケースが考えられています。このことからも、生理前となる時期に心のケアに励むことが女性には重要な点となり、メンタルケアに特化した精神科あるいは心療内科に相談する工夫で様々な症状を緩和させることに繋げられます。一般的に身体に現れる症状として、腹痛や下腹部の圧迫感、頭痛や腰痛などが挙げられています。しかしながら、感情を左右する神経も乱れてしまうのが女性ホルモンによる影響の1つでもあり、喜怒哀楽が生理前に激しくなるのも特徴の1つです。ストレスが大敵と考えられているため、ゆとりを持つことが重要視されているものの、リラックスした過ごし方を知らない女性の場合には心の症状は悪化してしまいます。精神科で相談する工夫で、日常生活での我慢やストレスの解消法、さらにはメンタルの弱さなどについてアドバイスを求めることができ、一気に不快な症状を改善へと向けることが可能となります。生理は、健全な女性の場合には毎月起こる現象であるため、不快な症状も毎月招いてしまいます。アドバイスをもらう・相談する・ケアする工夫次第で気分を軽くさせることができます。また、月経前症候群に陥りやすい性格までも見直すことに繋がるため、性格が明るく温厚になるなど、良い研究データの報告もされています。

Copyright©2015 月経前症候群を上手にコントロール|セルフでダメなら病院へ All Rights Reserved.