月経前症候群を上手にコントロール|セルフでダメなら病院へ

女性

月経前の悩みを解消させる

女性

月経前不快気分障害同様に月経前症候群の場合、精神症状が強く現れるのが特徴で、月経周期に合わせて症状も悪化します。メンタル不調によっては、日常生活や社会生活に支障が出るほど症状が悪化するケースも問題視されており、月経がある女性の約半数近い方々が月経前症候群に悩んでいると考えられています。また、症状を悪化させやすい性格となるのが、几帳面・神経質・完ぺき主義・負けず嫌いなどの性格の持ち主であることも挙げられています。月経前となる約2週間の間に症状が現れ、月経が始まって症状が消失するの も特徴で、原因としては黄体期におけるプロゲステロン分泌量の増加やエストロゲン分泌の減少によるセロトニンの分泌量低下などが考えられていますが、まだハッキリとした原因が把握されていないのも月経前症候群の特徴の1つです。生理痛とは異なる症状となるのが、イライラ・感情コントロールの支配・集中力の低下・物事に対する判断力の低下など、メンタル面の症状が目立ちます。もちろん、身体的に頭痛やむくみ、便秘なども招きやすく、疲れやすい身体へ導きやすい疾患です。精神科や心療内科、さらに産婦人科などの専門となる医療機関での治療や緩和ケアによって心身の症状を改善、あるいは解消させる必要が挙げられています。

月経前症候群は大病とは異なる女性特有の未病の1つですが、不快な症状をガマンすることによって鬱状態などの病気へと発展してしまう場合もあるため、改善する工夫で月経前のメンタルも向上させられます。特に日頃からストレスに弱い女性の場合には上手な気分転換を図ることは重要で、精神科や心療内科においては身体と心の負担を軽くするアドバイスを行ってくれます。専門医の立場から抗不安薬や漢方薬などを用いた治療をはじめ、リラクゼーション効果を高めることができる生活指導など、幅広く対応してくれるため、症状や自分自身のペースに合わせた治療が行えるメリットがあります。近年、月経前不快気分障害をはじめ、月経前症候群の医療情報が増えはじめ、着目する専門医も自ずと増えています。精神面での知識やノウハウに優れていたクリニックにおいても、症状に効果的な知識を増やす医師が増えており、理学療法や漢方療法、栄養療法などの多岐にわたるスキルを習得しています。ストレスが大敵となるため、ストレスを解消する手段として軽い運動や食事療法などを提案してくれるのもメリットです。さらに月経前の女性の悩みに多い、むくみ予防や便秘解消にも繋げることができる内容で提案してくれるので、自然にストレス解消に繋がるために利用したい内容となります。

Copyright©2015 月経前症候群を上手にコントロール|セルフでダメなら病院へ All Rights Reserved.