月経前症候群を上手にコントロール|セルフでダメなら病院へ

女性

女性ならではの症状

悩み

月経が始まる数週間前から起こる、イライラ・腹痛・眠気などの様々な不快な症状は、女性特有となる月経と非常に関連するPMSと略される月経前症候群に該当します。排卵後のホルモン変化に関係していると言われており、月経がはじまることで症状がラクになるのが特徴です。多くの女性が悩んでいるのが、肉体的ダメージはもちろん、心の症状で悩むケースも増えており、産婦人科ではなく、近年では精神科や心療内科などの病科目での緩和ケアが人気を集めています。月経前症候群の症状の中でも、特に多くの女性が感じているのがイライラや精神的に不安定になる症状、無気力などから招く眠気や集中できないなどの心が自然に影響される症状です。一般的に産婦人科においては、女性ホルモンのバランスを整える治療を行うために肉体的ダメージを受けやすくなります。しかしながら、精神科や心療内科の治療は心を診察して心のダメージを緩和させる目的の治療を行うのが特徴となります。月経前症候群はストレスが症状を重たくしてしまう傾向にあり、そのストレスを抱え込みやすく、ハケ口を作れないのが女性特有の心の病でもあります。近年、こうした心を診察する医師にも女性医師が携わっているため、1人1人の精神的苦痛に対し、抗うつ剤や精神安定剤などを用いりながら、同じ女性の立場で様々な療法で根本的な心の治療に励んでくれるため、女性たちから人気を集めています。

精神科や心療内科などでは、産婦人科とは異なる治療方針を展開することに邁進する見通しです。女性ホルモンの影響によって起こる月経前症候群は、女性のみに理解できる症状であり、また悩みでもあるため、在籍する医師も産婦人科同様に女性医師を携わらせることにも配慮する見通しが業界全体で進んでいます。さらに、月経がはじまる頃に症状がラクになり消えてしまうことから、月経の周期に着目した治療を進める方向で、例えば、基礎体温だけではなく、症状に関しての情報をダイアリーにしておくことを提案する内容です。毎月起こる症状でもあるため、心との向き合い方を女性自身に身に付けてもらうことによって、心を自然とコントロールすることができ、ツライ症状ももう少しでラクになるなど、自分の身体と同時に心の変化をダイアリーによってチェックができます。それだけで不安が取り除かれ、症状を軽く感じられるために精神的治療に役立てる方針で、日記感覚で毎月継続できる工夫として、ダイアリーも女性好みであり、精神的にリラクゼーション効果などを持つ色や手触りなどを考慮し、産婦人科との連携でデザイン性の高いダイアリー帳を提供することも業界で高まっている動きです。

Copyright©2015 月経前症候群を上手にコントロール|セルフでダメなら病院へ All Rights Reserved.