月経前症候群を上手にコントロール|セルフでダメなら病院へ

悩み

女性ならではの症状

悩み

女性特有の月経は毎月決まった周期で訪れますが、イライラや不安定な感情などが月経前に現れるケースがあり、月経前症候群として女性から認知されています。症状を緩和するには心の声にも耳を傾ける必要があり、精神科などのクリニックを受診する女性も増えています。

詳しくはコチラ

生理前の不快な症状

腹痛

生理前に体調が崩れたり、精神的に落ち着かないといった変化があるならば、それは月経前症候群である可能性があります。月経前症候群に関しては、症状は人によってさまざまです。しかし普段と異なり、どんな症状でも快調というわけではないことは確かです。そこでまずは気づくことが大切で、月経前症候群かどうかを判断するために、症状の記録や基礎体温をチェックすると良いでしょう。そして月経前症候群が疑われる場合は、ライフスタイルを見直して体質改善に挑戦してみましょう。そのためには食生活や運動、規則正しい生活のリズムなどが大切です。とくに食事に関してはけ、血糖値を下げないように工夫するようにしてください。血糖値が下がってしまうとイライラや過食、気持ちが悪くなることもあります。そして血糖値を下げないためには、一日三食はもちろんのこと、他にもこまめに食べ物を摂取するようにしましょう。また最近ブームとなっている糖質オフのダイエットに関しては、こういった症状がある人にとっては避けた方が無難です。ただしいくらこまめな食事が大切だからといって、深夜に食べ物を食べることはやめましょう。真夜中は食事などせずにしっかり良質な睡眠をとって、体を休ませること大切です。

食事や睡眠、運動といった基本的なことはもちろんですが、他にも月経前症候群の症状を軽減させる方法はいろいろあります。たとえばストレスを溜めこまないことも重要です。ストレスは月経前症候群はもちろん、他の病気の原因にもなることがありますので、できるだけ溜めこまずに発散させるようにしましょう。また喫煙や過度の飲酒なども控えた方が良いですし、服装や生理用品などを工夫して、できるだけ体を温めるようにするのも良さそうです。しかしこれらのセルフケアを実行しても、なかなか症状が改善されることがないというケースもあります。そういった場合は、やはり医療機関の婦人科を一度受診しておいた方が良いでしょう。生理痛や月経前症候群ならそれほど心配することもありませんが、激しい痛みがある場合は、子宮筋腫などの病気が原因の可能性もあるためです。そのために病院を受診して検査をしてもらい、痛みの原因を突き止めておいた方が良いでしょう。ちなみに痛みの軽減のために、病院では一般的な薬の他にもピルを出してくれることもあります。ピルに関しては日本では病院を受診して医者の許可がないと使用できないので、ピルを使用したい場合には病院を受診しましょう。

メンタル面での治療

悩み

月経前症候群の症状は1人1人で異なるものの、多くの女性がメンタル面でツライ日々を過ごしています。精神的症状を改善させることにより、肉体的症状までが緩和できるため、メンタル専門科目での治療が注目されています。

詳しくはコチラ

月経前の悩みを解消させる

女性

月経前症候群は、生活習慣に着目する工夫次第で症状を緩和させることができます。また、ストレスまでが解消できる運動や食事面の知識、技術までも持ち合わせた医師のサポートにより、メンタル面の質までも高めることが可能です。

詳しくはコチラ

月経前に発症する不快症状

お腹

月経前症候群は20〜30代の女性に発症しやすく、症状として月経の前に身体的不調が見られたり精神的に不安定となります。ストレスにより症状が悪化しますので、月経の周期を把握し、月経前症候群が起こる時期には心身に負担をかけ過ぎないようにすることが大切です。また日頃よりストレス発散を心がけることも重要です。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 月経前症候群を上手にコントロール|セルフでダメなら病院へ All Rights Reserved.